琵琶湖疎水記念館

琵琶湖疏水記念館(びわこそすいきねんかん)は京都市左京区にある「琵琶湖疎水」の成り立ちを紹介する記念館で、1989年(平成元年)8月9日に開館しました。

琵琶湖と京都を結ぶ運河「琵琶湖疏水」の完成100周年を記念して京都市が開設した公営の記念館です。(管理を担当しているのは「京都市上下水道局」で、開設20周年にあたる2009年には一時休館しリニューアルが行なわれました)


所蔵資料は琵琶湖疏水とともに2007年11月に「近代化産業遺産」として認定されており、見どころ豊富な施設となっています。


展示室は「地階」「1階」「2階」に分かれており地階・1階の常設展示(ミニチュアやビデオライブラリーによる解説、レプリカを含む関連資料の展示)のほかに2階では特別展示が定期的に内容を変更して行われています。


その他にも、屋外展示として水力発電に使われた「ペルトン式水車」と「スタンレー式発電機」、さらに京都市動物園の地下にあたる場所には「ドラム工場」と呼ばれるインクラインの操車場とその設備の一部が当時のまま残されており、インクライン周辺と合わせて大変見ごたえのある施設となっています。



「ドラム工場」内の様子

琵琶湖疎水記念館では屋外に休憩用のいすなども設置されており、休日などには京都の浄水をPRするためのイベントなども定期的に行われています♪

 

マンホールカード

※マンホールカードは下水道広報プラットホームが制作発行を支援するトレーディングカードです。マンホールカード、配布状況について詳しくはこちら↓をご確認ください。

http://www.gk-p.jp/mc-qa/


所在地(住所)

京都府京都市左京区南禅寺草川町17

つえ屋東山冷泉店より徒歩15分

京都市営地下鉄・東西線「蹴上」徒歩7分 / 京都市営バス「岡崎法勝寺町」徒歩4分

京都市営バス「南禅寺・疏水記念館・動物園東門前(京都岡崎ループ)」徒歩1分

※身障者用駐車場以外の駐車スペースなし


時間とお休み

開館時間:午前9時~午後5時 ※入場は閉館の30分前まで


休館日:月曜日 *祝日の場合は開館(翌平日休館) / 年末年始(12月29日~1月3日)


入館料

無料


公式サイト

https://biwakososui-museum.city.kyoto.lg.jp/

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示