京都市京セラ美術館(京都市美術館)

京都市美術館(きょうとしびじゅつかん)は、京都市左京区の岡崎公園にある美術館で、1933年(昭和8年)開館。公立の美術館としては「東京都美術館」に次ぎ日本で二番目に開館した大変歴史ある美術館です。

コレクションは明治以降~1990年(平成2年)頃にまで至る日本画、洋画、工芸作品などが中心で、主な展覧会はこれらコレクションを年数回テーマを変えて展示換えする常設展のほか、各種公募展、大学の卒業展などが開催されています。

また、新聞社などが主催する大規模な企画展覧会も定期的に行われています。


2020年のリニューアルに伴い「京セラ」が命名権を取得し、2020年(令和2年)3月21日の再オープンに先立ち2019年から京都市京セラ美術館(きょうとしきょうセラびじゅつかん)の呼称に変更。

これに伴い、京都市伏見区の京セラ本社にあった「京セラ美術館」は「京セラギャラリー」に名称変更されました。

(こちらの「京都市京セラ美術館」という名称は2070年まで使用されるそうです)


館長はリニューアル案の設計者でもある建築家の青木淳氏で、京都市内にある国公立の博物館・美術館4館で構成する「京都ミュージアムズ・フォー」の1つです。


開館80周年にあたる2014年に、京都市は「京都市美術館将来構想」を策定。

翌年には「京都市美術館再整備基本計画」を策定し、公募型プロポーザルによって、応募者の中から現在館長を務める青木淳氏と共同設計者・西澤徹夫氏の案が選ばれました。


リニューアル工事は休館後の2018年1月に始まり、2019年10月に竣工、2019年11月には報道陣や美術関係者や一般市民に対する公開が行われました。

(ちなみに、命名権の額は50億円で改装費用のおよそ半分だそうです…え、改装ってそんなにかかるの?汗)

 

所在地(住所)

京都府京都市左京区岡崎最勝寺町 13

つえ屋東山冷泉店より徒歩10分

京都市営地下鉄・東西線「東山駅」徒歩10分

京阪電車「三条駅」「神宮丸太町駅」徒歩15分

京都市営バス「岡崎公園 美術館・平安神宮前」「京都岡崎・都心循環バス(京都岡崎ループ)」 「岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前」徒歩3分

※「東山二条・岡崎公園口」からは徒歩7分


時間とお休み

開館時間:10:00~18:00 ※入場は閉館の30分前まで


休館日:月曜日 *祝日の場合は開館 / 年末年始

※詳細は京都市京セラ美術館のホームページをご覧ください。


入館料

企画展・別館は、展覧会ごとに料金が異なります。各展覧会のページをご覧ください。

なお、団体(20名以上)のお客様はこちらをご覧ください。

https://kyotocity-kyocera.museum/news/infomation/2020/06/group

​コレクションルーム

​京都市内在住の方

​市外在住の方

​団体(20名以上)

​一般 ※1

​520円

​730円

​620円

小中高生等

​無料 ※2

​300円

​200円

​小学生未満

​無料

​無料

​無料

※1 京都市在住の70歳以上の方(敬老乗車証等の提示で確認)、障害者手帳等を提示の方およびその介護者1名は無料です。京都市キャンパス文化パートナーズに登録している京都の大学に通学する学生で会員証・学生証を提示の方の観覧料は100円です。京都市キャンパス文化パートナーズの登録はこちらから

※2 京都市在住または通学の小中高生等

※1、2については確認できるものをご持参ください。


公式サイト

https://kyotocity-kyocera.museum/

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示